そしてゴロゴロしてるだけの君を想う夜

なんの取り柄も才能もない私ですが、生きてると時々楽しいことがあるんです

再会

ブルーハーツが解散した1995年、私は田舎の中学生だった。ライブハウスに行くこともCDを買うことも想像できないぐらいにどうしようもなく都会から離れた町で、10代の終わり頃までを過ごした。音楽はラジオやカセットテープで聴いていたので、ブルーハーツのCDはほとんど持っていない。
今の家からはツタヤやタワレコまで歩いて行けるけれど、ネットで当時のライブ映像を見るだけで充分。それに、大人の顔をして音源を買い揃えても、畳の上のラジカセが鳴らしたあの音より尊いものは得られないような気がしていた。

 

先週、レコードが発売されると知って、好きだったSTICK OUTとDUG OUTの2枚を買った。引っ越しで壊れてしまったレコードプレイヤーも新しいのにした。


まるで初めてヒロトの声を聴いたみたいだった。カセットテープと同じぐらい衝撃的だった。稲穂を撫でる風の音や、背伸びしてミスドでアイスコーヒーを飲んだこと、何度も押した再生ボタンの色まではっきり思い出した。
好きなものには何度でも出会えるし、いつでもあの頃に戻れるんだ。

 

Remove all ads